インプラントによる歯科治療


インプラントとは欠損した部分に埋め込む人工的に作り出された物や組織の名称、またはそれを埋め込む作業のことです。歯の治療で使用されるインプラントをデンタルインプラントや口腔インプラント、歯科インプラントと呼びます。歯科インプラントは、加齢や事故、なんらかの理由で歯を失ってしまった際に、その部分に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着する歯の治療方法の1つです。インプラントによっての歯科治療は最新医療と認識されています。

しかしマヤ族のミイラに、顎の骨と一体化した貝殻が発見され、歯科治療としてのインプラントの歴史は古くからあったともいわれています。現在の歯科インプラントではほとんどの場合、純チタンやチタン合金で出来た人工歯根が埋め込まれます。チタンがインプラント歯科治療で使用される理由は、チタンが骨と直接結合する物質だからです。この性質は1952年にスウェーデンの科学者によって偶然発見されました。その後の研究により、チタンが歯科インプラント治療にも適している素材だということがわかり、主流となったのです。

欠損した歯を補う歯科治療はインプラントの他にも、入れ歯やブリッジがあります。入れ歯やブリッジによる歯科治療は保険が適用されますが、インプラントによって行われる歯科治療には保険が適用されません。このため、他の歯科治療より費用が高くなってしまいますが、インプラントは、きちんとケアをしていれば20年以上もつといわれています。インプラントによる歯科治療は、他の歯科治療と比べて違和感が少なく、見た目も自分の歯のようで自然なことから人気のある方法です。